バストアップに効果的な方法のまとめ。育乳習慣を身に着けよう

バストアップ

バストアップに効果な方法とは?

先天的な要素が大きいと考えられる事が多いのがバストですが、脂肪分によってできているからこそ大人になってからも効果的なアプローチを行えば理想的な様相にする事ができ、特に簡単に行える上に良い変化が感じられやすいのがマッサージです。

バストアップにはマッサージがおすすめ

マッサージをする際には、入浴中もしくは入浴後の体温が高くなっているタイミングを選ぶのが大事であり、1度あたり10分間から15分間かけて毎日欠かさず行いましょう。

バストアップさせたい時には、両手を交差させて脇腹や背中の辺りにある脂肪分をバストを経由して、身体の中央部に流すようマッサージすると良いです。

筋トレも合わせて行うと効果的

また、バストは脂肪分でできているからこそ実現したバストアップを美しく保つには筋肉で支えてあげる必要があるため、支えられる筋肉を育てるべく行う筋トレも大事です。

道具などを使用せずに気軽に行える筋トレとして挙げられるのが、バストの前で両手の手のひらを合わせて押し合う筋トレであり、押し合っている両手から肘にかけてが常に水平になっている事を意識しつつ、強めの力で押したまま10秒間維持しましょう。

姿勢を正すことで血流とリンパの流れを促進

そして、バストアップを実現させるには血液と共にリンパの状態も良好にする事が欠かせないので、猫背にならないように良い姿勢で過ごすようにし、血流とリンパをスムーズに流すようにします。

合わせて人体にはバストアップに役立てられるツボが存在しているため、両胸の中央部に位置しているツボを押して女性ホルモンを活発化させると、活発になった女性ホルモンによりバストアップしたりハリが出ます。

食事でもバストアップに効果的な成分がある

さらに、バストも人体の中の組織の1つであるが故に食事内容に偏りが生じると本来とは異なる様子になるので、育乳のためにたんぱく質やミネラルなどをきっちりと摂取しつつ、女性ホルモンと同じ役割をしてくれるイソフラボンなども摂り入れましょう。

成長期の子供が成長する時間や髪の毛などの組織が成長する時間が22時から2時までである事と共通して、胸が大きくなるゴールデンタイムも22時から2時までなので、バランスが良好な内容の食事をしっかりと摂取した後は速やかに睡眠を取るようにし、ゴールデンタイムである22時から2時までの間は毎日眠っているようにします。

こうした効果的なアプローチは、取り分けて道具などを必要としない様子も気軽に行えて魅力的ですが、マッサージなどを行う際にはジェルなども活用すると手触りが滑らかになりますし、肌がますます綺麗になり大きくて美しい胸が得られます。

👉おすすめのバストアップクリームならモテソルベ