着圧レギンスは冷え性やむくみにはどうなのか?締め付けて大丈夫なの?

脚のむくみ

着圧レギンスの効果とは?

体型を補正してシルエットを美しく見せる着圧レギンスは、足が細く見える点に魅力があります。

また適度な締め付けが血流を促進したり、リンパの流れを促しますから、むくみに悩む女性の間で人気です。

しかし、長時間の着用は逆に血流を阻害するので、冷え性になる場合もあるそうです。

大切なのは着圧レギンスの性質を理解したり、目的の働きが引き出せるように活用することです。

強く締め付ける衣類は、特定の衣類に限らず冷え性の引き金になったりむくみの原因になります。

その為、まずは加圧し過ぎない着圧レギンス選びが必要です。

適度な加圧ができるレギンスがおすすめ

反対に加圧が弱いと意味がなくなるので、程良い締め付けを目安に比較、検討することが大切です。

加圧が過剰だと、脚に痛みが出たり足をつってしまうので、いずれかのトラブルが生じたら使用を中止するのが賢明です。

しかし、サイズが良好でまんべんなく加圧する着圧レギンスを選べば、むしろ気持ちの良い締め付け感が楽しめます。

長時間の立ち仕事や、座り仕事のデスクワーカーは、足をあまり動かさないので血流が停滞したり、むくみやすくなります。

リンパの働きも低下してしまうので、仕事が終わる夕方過ぎには足がパンパンになりがちです。

むくみが強く現れる人は、ブーツが脱げなくなるほどですから、それだけ血流やリンパが停滞することを意味します。

こまめに脚を動かすことでむくみや冷え性の改善に

定期的に立ち上がって歩いたり、足をマッサージするのも良いですが、仕事中となるとこれらの行動に制限が掛かります。

休憩時間に足を動かすとしても、仕事に戻ればまた長時間の立ち仕事、座り仕事の再開です。

ただ、同じ姿勢が続くことによる血流、リンパの停滞とむくみは、下半身を加圧することで改善される可能性が高まります。

冷え性も血やリンパの巡りが原因なので、加圧によって一緒に解消できる期待が持てます。

つまり、適切な締め付けの着圧レギンスを選んだり、正しい着用を心掛ければ、立ち仕事や座り仕事にありがち悩みがまとめて対処できます。

問題はうっ血するくらいに締め付けたり、いつの間にかあざができるほどに加圧することです。

着圧レギンスを使用する際の注意点

痛みを覚えるくらいの加圧は論外ですが、痛くなくても脚に悪影響が出る着用は避けましょう。

注意点に気を付け適度に着用を続ければ、立ち仕事も座り仕事も怖くなくなるはずです。

夕方になっても足が細く見える状態が続いたり、帰宅後にブーツが脱げなくなることもなくなります。

女性は男性と比べて筋肉が少ないので、簡単に冷え性になってしまいますが、安全かつ適度な加圧を心掛ければ解決します。

締め付けて大丈夫かという疑問については、加圧が強すぎずトラブルが現れなければ大丈夫というのが答えです。

👉着圧レギンスのおすすめアイテム
ギュギュレギンスの口コミはこちら

こちらも合わせて読んでみてね❤

  1. 年齢肌に効果的な美容液とは?ヒト幹細胞培養液ってどうなの?
  2. 女性ホルモンの乱れが原因の薄毛・抜け毛にはどんな対策が必要?
  3. 抜け毛予防には生活習慣の改善が大切。具体的な改善法とは?
  4. 薬用ノッシュはどこで買える?市販や通販の販売状況
  5. 髪が細くて悩んでいる女性必見!太くするための対策法